知っておきたい、添い寝クラブを存分に楽しむための
基礎知識とマナー

日本中のあらゆる地域で見かけるほどメジャーになってきた添い寝クラブ。しかし、まだまだ添い寝クラブのサービスを利用したことがない…なんていう人も多いはず。そんな方のために、添い寝サービスの素晴らしさと、添い寝クラブを楽しむ上での大切なマナーを改めてご紹介。これから添い寝サービスを利用される方は必見です!

MADOROMI
添い寝クラブとは

添い寝クラブとは、東京の秋葉原で誕生したと言われている、まだ歴史の浅いジャンルで、基本は、女の子が男性のお客様の隣で添い寝する、というサービスを提供しています。



添い寝クラブって具体的にどんなことするの? 添い寝クラフでは、まず、男性のお客様が、添い寝クラブに来店し、女の子のパネルまたは写真などを見て、気に入った女の子をセレクトします。選んだ女の子が、個室または半個室の添い寝部屋でお客さんのとなりで添い寝をしてくれるのです。
基本的にはただ、添い寝するだけのサービスです。しかし、お店によって多彩なオプションがあり、添い寝以外にも、オプション料金を払うことで、膝枕や腕枕などができたり、ハグや耳かきなどもしてもらえたりします。



添い寝クラブでのひとときはお客様次第でアレンジ自在! 基本的に添い寝クラブには、女の子との癒しの時間を楽しみにご来店される男性がほとんどです。中には、ホントにお疲れで、女の子と一緒に本当に眠ってしまわれる方もいますが、添い寝クラブはそれでもOK!
 女の子とまったりリラックスした時間を過ごしていれいば、自ずと眠気が押し寄せてきたりするもの。女の子との時間の使い方はお客様の自由なので、ほんとに爆睡してしまってもいいし、女の子と恋人同士のように過ごしてもOK! 思い思いのひとときを楽しんでいただければいいのです。

MADORIMI
添い寝クラブの歴史

添い寝クラブは、東京の秋葉原で誕生したサービスで、お散歩クラブや足踏みリフレなどと同じく、その発端は90年代にブームとなったメイドカフェだと言われています。メイドカフェが一大ブームとなり、そこから、派生して生まれたサービスのひとつが添い寝クラフと言われています。添い寝クラブは、10年前ならまだ東京にも存在していなかったほど歴史の浅い、新しいジャンルのサービスなのです。



添い寝クラブが人気なのはなぜ? 世の中の男性たちは、会社や家庭の柵の中でかなりストレスを感じていたり、忙し過ぎてしっかり休めていない人たちがほとんどです。現に日本人の1日の平均睡眠時間は7時間50分で、世界で一番睡眠時間の長いフランスと比べると1時間も短く、日本は世界で2番目に平均睡眠時間が短い国なのです。
また、眠りの質が悪い人も多く、世の中の学生やサラリーマンは、今、本当に疲れているのです。そういった時代だから、心の癒しとカラダの休息を同時に得ることが可能な添い寝クラブは、幅広い年齢層の男性から高い支持を得ているのです。

MADORIMI
添い寝クラブの楽しみ方

癒しを求めるアナタへのおすすめ 毎日お仕事や勉強で疲れている方は、添い寝クラブのリフレで日頃の疲れを癒してみることをおすすめします。 お好みの女の子に添い寝してもらうのはもちろん、オプションにある、リフレメニューでマッサージや耳かきなどを堪能してみてはいかが?
女の子の温かい温もりを感じるマッサージや膝枕でしてもらう耳かきは、本当に眠ってしまいそうになるほど気持ちいいものです。きっと日頃の疲れやストレスも一気に吹っ飛んでしまうことでしょう。



恋人気分を味わいたいアナタへ 恋人気分を堪能したい方におすすめのオプションは、おしゃべりや膝枕、手つなぎなどたくさんありますが、一番おすすめしたいのが、腕枕です。普通、腕枕って恋人同士じゃないとまずできないですよね。
でも添い寝クラブなら、自分好みの可愛い女の子と腕枕で添い寝できちゃうんです。これぞ正に、疑似恋愛体験です。本格的に恋人気分を味わいたいなら、添い寝クラブで恋人同士のような時間を体験してみて下さい。きっと満足いただけると思いますよ。



マナーを守って楽しい時間を過ごそう! 添い寝クラブを存分に満喫するためにも、最低限のマナーは守って楽しく利用しましょう。添い寝クラブでは、マナーが悪いお客様には、サービスの途中でも退店いただく店がほとんどです。泥酔して来店したり、女の子にメニューにないサービスを要求したり、女の子をスマホで撮影したりなどといった行為はお店や働く女の子にとってとても迷惑な行為ですので、絶対にやめましょう。
また、いくらタイプの女の子でも、ムリに連絡先を聞いたり、外で待ち伏せしたりするのはよくありません。お店の人に通報されてしまう場合もあります。添い寝クラブを利用する際は、お店の利用規約をしっかり頭に入れた上で楽しむようにしましょう。

MADOROMI
まとめ

いかがでしたか、添い寝クラブの魅力を感じていただけたでしょうか? 説明だけでは理解できないことも多いので、やはり、一度、自ら体験するほうが、添い寝クラブの良さがもっと解っていただけることと思います。添い寝クラブはそんなに敷居の高い感じではありません。空いた時間にフラっと利用することができるとても気軽な場所です。ぜひこの機会に添い寝クラブのサービスを堪能してみてください。